新しく買う車の販売店・ディーラーで今の車を下取りに出す

買取り専門店での買取りを選ぶべき、これは結構知られていること。
目前に障害物があれば、自動的にブレーキをかけてくれる車や、一定間ブレーキを踏んでいると、エコ運転のため自動的にエンジンを一旦停止する車など、安全面や環境にやさしい車へと進化しています。
ちなみに、新しく車を購入するディーラーで事故車を引き取ってもらうことも可能です。
意外とこの事実を知らない契約者様が多かったです。
特に、コンパクトカーのような中古車の数が多い車種は、3年で50%以下になってしまうことも多いです。
車の査定は、日本自動車査定協会(JAAI)の基準のもと行われます。
この車のモデルチェンジが近々予定されており、私は安全運転装置に惹かれ、今ならまだ下取り値が100万ほど付くそうなので、買い替えを考慮したくなりました。
どちらも一長一短ありますので、自分のライフスタイル・ライフプランに合った方を選択しておくことで、これからかかる費用の概算が把握できます。
逆に車買取専門店は、その名の通り車を買取る事が本業です。欲しい車は競ってでも高値を付けてくれます。
この頃になると、大きな故障は無くても、ヘッドライトのプラスチックに変色が現れたり、ドアのゴムパッキンが劣化してきます。
車の寿命でよく言われるのが「走行距離が10万kmに達したら車の寿命である」という内容です。
査定を依頼してしまったら、車を売らなきゃならなくなるのでは?
まあ相手もお仕事なので仕方ないですよね。
車の年式は、査定額に大きく影響し、車の年式が下がると(古くなると)、査定額は大きく下がってしまします。
午前中の電話はわりとアッサリだったので、「やっぱり!」という感じでした(笑)
ディーラーは1台でも新車を売ることが本業なので、下取りにはあまり興味がありません。「よろしければ、下取りましょうか」という感覚です。
購入する車種によって保険料が変わる可能性があります。新車に買い替えた場合は、新車割引が入りますし、逆に高い車に乗り換えて、車両保険をかけると保険料は高くなります。
車を買い替えるなら、今乗っている車を出来るだけ高く売りたい。
老後の為の資金はいくらあっても多過ぎない事を考えると、庶民の私が、この年齢で新車を欲しがるのは不相応ではないか?
ならば買取り専門店に査定してもらえば、一番高く売却できる!
もし、ディーラーの下取り額の方が、買取業者よりも高ければ、そのまま下取りにだしましょう。(まずあり得ないですが、決算期等でどうしても売りたい時期もあります)
と納得できなければ、他の買取り専門店にも査定してもらう。
そして、見積もり時の注意点ですが、今の車の下取りは「あり」と「なし」の両方でもらうべきです。
決算月が近づき、会社が儲かってきて「今年度、黒字になりそうだな…」というのが見えたら、クルマを買い替えるという方法を採用するのです。
車の寿命はオーナーにとって非常に気になる数字ですよね。
年末に新車を購入し登録してしまうと、すぐに“1年落ち”の車になってしまいます。となると、買ってすぐに愛車の価値が大きく下がってしまうというわけなんです。
ガリバー営業:こんばんは。私はガリバーの△△と申します。午前中に電話させていただいた○○から話を聞いたのですが、その後、ご主人さまとお話はされたのかなと思いまして。
いま売られているワゴンRの発売は2012年、市場に出て4年もたったモデルを定価そのままで販売している、そんな強気なディーラーはいません。
ちなみに、一年のうちで新車の値引きが一番期待できる時期は、年度末決算フェアが行なわれる3月。次がその前の月の2月。そして、3番目が年末商戦の12月なんですよ。
正直いって午前中のひとはとても感じがよかったのですが、夜にかけてきた△△さんは営業風なしゃべりかたで、ちょっと鼻につくかんじです。
車を買い替えるわけですから、今の車は手放すケースがほとんどだと思います。
一旦誰かの車として登録だけはされているので新車ではありませんが、ほとんど乗られていないため「未使用車」、他には「新古車」や「登録落ち」なんて呼び方もありますね。
5年後、10年後にどうしよう、というのではなく、できるだけ長く乗れるよう日頃のメンテナンスを怠らないなど、将来のための小さな積み重ねで車の状態は大きく違ってきます。
また、10万kmと同様に「10年で寿命」という意見も有りますが、これもキリの良い数字だから言われているに過ぎません。
ちなみに、車の部品は10万kmを目安に交換する事が多いので、そういう意味で10万kmを車の寿命の1つの目安として捉える事も有るようです。
ディーラーや車の買取業者と契約すれば、必要な書類については、ほとんど用意してくれますので、ご心配はいりません。
愛車の査定相場が分かって、購入する車種が決まれば、実際に試乗をして見積もりをもらい、商談をする事になります。
私は、保険会社の物損担当として3年現場で働いていましたが、
夫(69才)は運転が苦手、車に興味がありません。私(65才)は運転が好き。これからも、健康面で許されるなら運転し続けたいと思っていますが、夫は「車を止める」方向を向いています。
実際にオーナーの中には、10万kmを軽く超える人もたくさんいます。
新車の場合は、本命とする車種の競合車種を調べておいて、そちらも検討していると伝えてみましょう。
どういうことかというと、保険というのは損害を現状復旧するために支払われるものなんです。
きっと「もう売る気がないんだろうな」と思われたのかもしれません。車も10年落ちでしたからね。
車を買い替えるとき、「新車は安く買いたい。今乗っている愛車は高く売りたい」と誰でも思いますよね。
複数社から一括で見積もってもらえるので、手間なく簡単に売値の最高額が分かります
車両本体やその他の費用をぐっと抑えているように見せておいて、下取り価格は相場よりもずいぶん安い、トータルで見るとずいぶん高かった、これはよく使われるテクニック。
自分で出すことも出来ますが、夫の賛成なく買うなんて、大騒ぎになりそう。
そういう場合、修理せず保険だけもらえるってご存知でしたか?
ワゴンRのベーシックグレード・FAならば14万円の値引きが可能なんていう話も耳にします。
新しい車が好きで、いろいろな車に乗りたい、という方も多くいらっしゃいます。
修理して乗り続けるか、買い替えるか、一番悩むのはこの頃ではないでしょうか。
我が家は駅近ではないので、運転不可能な病気でないかぎり、老後はむしろ車は必要です(夫は自転車愛用、私は自転車は怖くて乗れない)
一般的には、新しく買う車の販売店・ディーラーで今の車を下取りに出す、という事が多いです。
つまり、「走行距離10万kmが車の寿命」という定説は、ただ単にキリの良い数字だから言われているだけです。
そして、ショップにもよりますが新車のディーラーと中古車店なら、未使用車を扱っている中古車店のほうが、諸費用やオプション価格が高い傾向があります。
そのため、愛車を高く売るためには、年を越す前(年式が1年下がる前)に売却した方がいいんですよ。
車の購入には、車両本体価格以外に、税金・手続き代行費用・自賠責保険などがかかってきます。
一般的にはタイミングベルトを交換する10万kmが買い替え時期だと言われています。
私:いえいえ^^;(心の声/そんなに早く話せないっちゅ~の!)  まだ夫は帰宅もしていないので…。
ちなみに、車の年式は、12月31日を超えると(1月1日になると)1年古くなります。
買取り専門店1社だけに査定してもらって、まあこんなものか。
一方の新車価格はというと、メーカーHPには107万8,920円?とあるではないですか。
実際に車を売る人の半数以上は、下取りを利用しているといわれています。
なので、保険は使うけど修理概算額の金額を手元にもらうことができるんです。
なんていうんでしょう…“マニュアルトークではなしてます”的な感じとでもいいましょうか(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です